日本人と外国人の違い

まだまだ日本では、家政婦を雇う習慣は、一般的に根付いてはいません。

家政婦を依頼する場合、日本人と外国人では、依頼料金や仕事に対する考え方で、違う場合が何点かあります。

日本人特有のサービス精神は、なかなか外国人の方には理解出来ないことも多く、仕事に対する勤勉さや真面目さはやはり非常に評価に値するものがあります。日本で働く外国人の方は、日本語が完全に話せる人ばかりではなく、コミュニケーションに不自由する場合もあります。

また、外国人の家政婦は、比較的安い賃金で働いているため依頼料金も安い可能性があります。その代わり、特徴として与えられた以上の仕事や気遣いにまで気が回らず、仕事は仕事と割り切っているため、

時間がくれば仕事が中途半端でも帰宅してしまう文化が一般的です。

一方日本人は、依頼料金が高い分、おもてなし精神が強く、細かい部分や要求以上の仕事を行ってくれる家政婦が多く居ます。また仕事の質を一番大切にする文化性が強く、依頼者が望んだサービスに対する満足度は非常に高いサービスの可能性が高まります。

あくまでも参考ですが、メリットとデメリットを良く考えてどのようなスタッフ、または家政婦派遣会社に依頼するのかをよく考えてから依頼しましょう。

PAGETOP